企業様向け卓上カレンダー販売

  1. 卓上カレンダー
  2. 卓上カレンダー.com
卓上カレンダー.com

近年、企業様向け卓上カレンダー製作の人気が高まっています。
現在は、カレンダー市場全体の豊富な商品バリエーションと製作方法の中から、お客様の希望に沿ったものを選ぶことができるようになりました。その一方で、より希望に近い商品を製作するためには、選び方や製作方法などの知識が必要となっています。
そこで弊社では、皆様のより良い卓上カレンダー製作の一助となるべく、卓上カレンダー製作にまつわる情報サイトをご用意致しました。お役に立てましたら幸いです。

 <コンテンツ>
 【1】卓上カレンダー選びの極意
 【2】ケース式カレンダー・リング式カレンダー それぞれのメリット
 【3】卓上カレンダーの名入れ方法いろいろ
 【4】カレンダーのデザインを制作する際の注意点
 【5】カレンダー製作時に迷うコト
 【6】カレンダーの日付校正のポイント
 【7】曜日と祝日とエトセトラ


【3】卓上カレンダーの名入れ方法いろいろ

卓上カレンダーのタイプや種類が増えるに従い、タイプ・種類・部数に応じた印刷方法が利用されるようになりました。

箔押し
主にリング式カレンダーの台紙部分への名入れに採用されています。
プレス機を使って金箔・銀箔を熱と圧力で転写する印刷方法です。
光沢が出るため高級感のある仕上がりに一方、細い線や小さい文字の印刷にはあまり向いていません。

シルク印刷
弊社ではケース式・リング式のいずれの卓上カレンダーの名入れもシルク印刷を採用しています。
透過部分を作った版を通してインクを刷る方法です。
対象物にインクを印刷するため、箔押しの様な光沢感は出せませんが、箔押しに比べると細い線や小さい文字の再現性に優れています。

名入れ見本


オンデマンド印刷
印刷用の「版」を作らず、高精細のレーザー印刷機・インクジェット印刷機などで仕上げます。
印刷枚数が増えるとコストが高くなり色ムラやモアレも起きやすいと言われておりますが、印刷工程が簡素なため、オフセット印刷では難しい少部数・短納期の印刷に向いています。
卓上カレンダーでは主に、少部数の用紙に名入れ印刷に利用されています。

オフセット印刷
印刷用の「版」を作り、印刷機で一枚の用紙に色を刷り重ねて仕上げます。
少部数での印刷はコストが割高となるうえ、印刷工程に時間がかかり不向きである一方、オンデマンド印刷に比べると安定的に鮮明で高品質な仕上がりが可能なため、大量印刷に向いています。
卓上カレンダーでは、少部数以上の用紙に名入れ印刷やオリジナルカレンダー印刷に利用されています。


名入れ一覧へ

ケース一覧へ

オリジナル一覧へ

無料【弊社独自】カレンダー意識調査データ
ユーザーの意識は毎年変化します。使う人に満足いただく カレンダー制作のために意識調査データをご活用ください。
調査レポートイメージ読売新聞で紹介されました
 ■調査レポート(PDF)
 ・2021(R3)最新版
 ・2020(R2) ・2019(R1)
 ・2018(H30) ・2017(H29)
 ・2016(H28) ・2015(H27)
 ・2014(H26) ・2013(H25)
 ・2012(H24) ・2011(H23)
 ・2010(H22) ・2009(H21)
 ・2008(H20) ・2007(H19)
 ・2004(H16)
私たちの活動がメディアで紹介されました
株式会社コミュニティネット 〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦2-19-18 丸三証券名古屋ビル6階 TEL:052-203-8570(代) FAX:052-203-8575

Copyright(c) Communitynet Co.,Ltd All Rights Reserved.